[9627]アインホールディングス

2,000円分の自社商品券
(100株以上)
※グループのドラッグストア全店舗および調剤薬局にて使用可
※処方箋調剤には使用不可

  • 2,000円分の自社商品券
100株
4月末日
食品
食事券
暮らし
ファッション
教養・娯楽
乗り物
金券・ギフト
 

常に環境変化を先取りした取り組みを行ってきており、現在、調剤薬局業界で売上No.1。これまでと同様にご利用者さまの利便性に優れた調剤専門薬局を展開し、さらなるかかりつけ機能を高めるべくさまざまな施策を進めている。また、生き生きとした暮らしの提案や情報を発信する、ヘルス&ビューティという新しい形のショップも展開。健康的で美しい都市型のライフスタイルをサポートしている。

東証1部,札証
小売業

※以下の内容は基本的に2016年8月末日現在の公表情報をベースとして掲載

投資家の皆さまへ


代表取締役社長
大谷 喜一

2016年4月期は、調剤薬局の新規出店およびM&A、ドラッグストアの新業態開発、既存店の活性化による収益改善に取り組みました。この結果、連結売上高は2,348億円(前期比25.0%増)、同経常利益は151億円(同29.6%増)、同当期純利益は79億円(同27.8%増)となりました。また経営体制面では、2015年11月に持株会社体制へ移行したことに加え、2016年4月には過去最多の375人の新卒薬剤師を迎えるなど、事業基盤の強化・拡充を果たしています。引き続きトップラインの拡大に注力するとともに、かかりつけ機能の強化に経営資源を積極投入し、「地域のインフラ」としての価値向上を図っていきます。

「元気とキレイを、処方する。」

アイングループは、人々がもっと健康で、美しく、幸せな日々を過ごせる社会を目指して、調剤薬局事業とヘルス&ビューティ事業を中心に進化を続けています。調剤薬局では、在宅医療を中心とした地域連携への参画や、情報の一元管理のための電子お薬手帳アプリ開発など、多様な取り組みを通じて、かかりつけ薬局としての機能向上に努めており、現在、調剤薬局業界で売上高No.1のポジションを堅持しています。一方、ヘルス&ビューティ事業では、健康と美を追求する都市型ショップ「アインズ&トルペ」を全国主要都市に展開。ドラッグ&コスメティックに特化した店舗戦略で、他社との差別化を図っています。今後も人々の生命と健康に携わる企業として、安全性および専門性の継続的向上に取り組みつつ、すべてのステークホルダーの皆さまにとって名実共に「いちばん」の企業グループを目指していきます。

*2016年4月期実績

M&Aを含む新規出店を引き続き推進
2017年4月期に1,059店舗を見込む

2016年4月期からは、かかりつけ機能の強化へ向け、多様な施策を開始しました。トップラインの拡大では、ひとりでも多くの方に健康と美を提供するために、利便性の高い好立地への新規出店や積極的なM&Aを通じて事業規模の拡大を進めています。2017年4月期は126店舗を出店予定。

アイングループの成長戦略

トップラインの拡大
利便性の高い好立地へ出店・積極的なM&A

「かかりつけ薬剤師・薬局」機能の強化
継続的に機能強化に取り組み、地域のインフラ

人材の確保と育成
全社一丸となった採用活動と人材育成

AINZ&TULPEの拡大
オリジナルブランドでの差別化と利益率向上

調剤薬局の基本は、患者さま一人ひとりの生活を中心に考えるサービスです。まごころのこもった正確な調剤サービスと、患者さまの薬の記録やライフスタイルを総合的に把握したご説明やサポートを重視し、地域のかかりつけ薬局として、お客さまの視点に立った新しいサービスを展開するとともに、在宅医療を中心とした地域の医療体制づくりやジェネリック医薬品の使用促進などにも積極的に取り組んでいます。また、スキルとホスピタリティを兼ね備えた「かかりつけ薬剤師」育成にも力を注いでいます。

かかりつけ薬剤師・薬局として

2016年の調剤報酬改定は、調剤薬局に「かかりつけ薬剤師・薬局」としての役割を強く求める内容となっています。アイングループは、服薬指導、情報の一元管理・継続的管理、24時間体制、残薬管理、在宅医療・地域連携、ジェネリック医薬品推進などの取り組みを今まで以上に進化させ、その土地になくてはならない薬局を目指します。

充実した毎日を過ごすこと、自分らしく、美しく生きること。そんな前向きな暮らしをサポートするために、独自の目で本当におすすめできる商品を提案する新しい形のショップ「アインズ&トルペ」を都心部中心に展開しています。また、もっと楽しく、もっと美しく暮らしていくためのオリジナルコスメやファッション雑貨などのオリジナルブランドの開発にも力を入れ、新しいビジネススタイルにも積極的に取り組んでいます。

会社プロフィール

1969年、受託臨床検査を目的として(株)第一臨床検査センターを設立。
94年、ジャスダック市場に株式を店頭公開。同年、調剤薬局店舗ネームを「アイン薬局」に統一。
96年、ドラッグストア店舗ネームを「アインズ」に統一。
98年、(株)アインファーマシーズに社名変更。
99年、丸紅(株)と資本・業務提携を締結。
2002年、今川薬品(株)と合併。
2006年、100%子会社(株)ホールセールスターズを設立し、ジェネリックを中心とした医薬品卸業を開始。
2008年、(株)セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携。
2009年、東証2部に上場。
2010年、東証1部に指定。
2015年、(株)アインホールディングスを設立し、持株会社体制へ移行。

DATA

(2016年8月末日時点での公表値)

■設立:1969年8月
■資本金:8,682百万円
■市場:東1・札幌
■決算月:4月
■単元株式数:100株
■発行済株式数:31,888千株
■従業員数:5,511人

アクセスランキング